投資情報ツールで選択する

一般的な個人トレーダーがそのような事をするわけにもいかず、1つのPCを利用してたくさんのインフォメーションを得なければならないから、投資の情報に関する画面が使いやすいものでなければならない。

情報の量と質も大分に関係してきます。

ニュースなどは価格変動にきっかけとなる事もあるので、投資の情報源として必要だぜ。

それと同場合にそのニュースから物価を分析し、解釈してくれる情報が必要となる。

個人トレーダーは一度にたくさんのインフォメーションを見る事が出来ませんから、変わりに判断基準となる情報が豊富な事が条件となる。

金融と投資 関連情報

日本銀行の白川方明総裁は25日、大阪市内のホテルで開かれた地元経済4団体との懇談会で、金融機関の中小企業への融資について、「金融を巡る状況が変化しており、中小企業への貸し出しは減少している」との認識を示した。 五輪後の景気後退懸念から、株式相場はこれまで大幅下落しており、19日時点の上海総合指数は昨年10月の最高値に比べ60%超も下落していた。 みずほコーポレート銀行は今年1月に米証券大手メリルリンチに約1300億円を出資するなど海外戦略を強化。三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行も欧米の金融機関との連携を強めており、邦銀の海外攻勢が加速している。 20日は、中国政府が減税や市場安定策などを含む2000億〜4000億元(約3兆2000億〜6兆4000億円)の景気対策を検討しているという情報が市場で流れたことが買い材料となった。電力料金値上げや原油価格の安定なども好感され、大半の銘柄がストップ高まで買われた。