投資情報ツールで選択する

一般的な個人トレーダーがそのような事をするわけにもいかず、1つのPCを利用してたくさんのインフォメーションを得なければならないから、投資の情報に関する画面が使いやすいものでなければならない。

情報の量と質も大分に関係してきます。

ニュースなどは価格変動にきっかけとなる事もあるので、投資の情報源として必要だぜ。

それと同場合にそのニュースから物価を分析し、解釈してくれる情報が必要となる。

個人トレーダーは一度にたくさんのインフォメーションを見る事が出来ませんから、変わりに判断基準となる情報が豊富な事が条件となる。

金融と投資 関連情報

日本銀行は27日、少ない元手で多額の為替取引ができる「外国為替証拠金取引」(FX取引)の実態に関する調査結果を発表した。2008年1〜3月期の取引口座数は142万口座、取引高は222兆円で06年4〜6月期と比べて口座数で3・7倍、取引高で2・6倍にそれぞれ急増した。1日当たりの取引高は1・9兆円(07年1〜3月期)で、日銀は、世界の外国為替市場の円スポット取引の1割程度にまで拡大していると推計している。 今年に入って、米地域金融機関の経営破たんが相次いでいる。8月22日にカンザス州の地方銀行、コロンビア・バンク・アンド・トラストが州当局から業務停止命令を受け、今年9件目の破たんとなった。昨年は計3件で、今年はすでに3倍に膨らんだ。 エバコアは、米通信大手AT&Tによる米地域通信大手ベルサウス買収を手がけるなど企業の買収・合併(M&A)に強みを持つ。みずほコーポレート銀行はエバコアとの資本提携によって日米間のM&A業務などを強化したい考えだ。 日銀は19日の金融政策決定会合で、景気認識については7月の「さらに減速」から「停滞している」と下方修正した。これに関連して白川総裁は「日本経済が深い調整局面に陥る可能性は小さい」との認識を改めて示した。理由として、サブプライムローン問題で日本の金融機関の損失が限定的で金融市場が安定していることなどを挙げた。